FC2ブログ

鳴門の渦潮

6月11日(土) 晴れ

今回の瀬戸内クルーズは終えたが、せっかく四国まで来ているのだからと、今日は鳴門の渦潮を見物に行くことにした。
観音寺でレンタカーを借りて、鳴門まで約2時間走る。
この日は11時が満潮で、(何故か)その前後の時間帯のうず潮が大きいらしい。10:50発の「うずしお汽船」に間に合った。

この日は中潮なので、それほど大きくはないが、それでも近くからかなり迫力のある渦潮を見ることが出来た。
14658540895545.jpg

渦潮見物に良い時間帯らしく、観光船は大きなものから小さなものまで3隻ほどが漕ぎ出していた。
この時間帯の潮流は北流7ノットほどで、我がヨットでは南に進むことはできない速度である。
14658542258046.jpg

鳴門公園から眺めた大鳴門橋
14658543272591.jpg

鳴門でレンタカーを返却し、そこから高速バスで大鳴門橋を越え、淡路島を縦断し、明石海峡大橋を渡り神戸三宮に向かう。
三宮では神戸牛を食した。美味であったけれど、某には少々柔らかすぎて物足りなかったように感じた。
今回はクルーズというよりグルメ旅行だったかな?

2016年6月 瀬戸内クルージング

(Day 4)
6月10日(金) 晴れ

朝早くから船の周りが騒がしい。6~7人のスタッフが来て、近く泊めてある小型ボートの手入れを始めた。
そのうち8時半頃になると、100名ほどの小学生の集団がやってきた。どうやら今日は小学生のボート研修が行われるようだ。
一隻のボートに二十名ほどが乗船し、長いオールを立てて5隻程のボートが次々と出ていった。当方のヨットのすぐ近くだったので、しばらくの間賑やかなこと限りなし。

Wild Goose のすぐ後ろで、小学生のボートレッスンが始まった。
14658536764665.jpg

一隻のボートには20名程の小学生が乗り込んでいるようであった。
14658537199556.jpg

09:00 小学生を乗せたボートが全て出て行った後、マリーナを出航した。

本日のルート GPS Track、 境ガ浜~仁尾、 22nm、 4時間
14658549767480.jpg

マリーナを出ると、百島の手前では小学生の乗ったボートがレッスンの最中であった。
14658537996738.jpg

常石造船所の前では、修理のためか大型客船が停泊していた。
14658538532039.jpg

阿伏兎瀬戸を抜け備後灘へ出ると、仁尾マリナーまでは南東へ真っすぐ18マイルほどだ。
阿伏兎瀬戸の出口、振り返れば阿伏兎観音の灯篭と灯台が見える。
14658539125601.jpg

備後灘では東の風、4~5mを受け快適にセーリングできた。
前方に丸山島が見えてきた。そのすぐ向こうが仁尾マリーナだ。
14658539812573.jpg

梅雨の合間、穏やかな仁尾マリーナのサンセット
14658540220924.jpg

今回の瀬戸内クルーズは終了したが、本日はマリーナで船中泊

2016年6月 瀬戸内クルージング

(Day 3)
6月9日(木) 曇りのち晴れ
弓削~境ガ浜、10nm、2時間

本日のルート GPS Track
14658535926683.jpg

朝方降っていた雨は8時過ぎには上がった。ただ海霧が出て見通しが悪かったので出航時刻は遅くした。本日の目的港は近いので全く問題ない。
弓削港ビジター桟橋のオーストラリア艇と Wild Goose、鳥羽からきた船は早めに出航したようだ。
弓削港

11:00 弓削港を出航、弓削大橋の手前にはニュージーランドからきたカタマランがアンカリングしている。
弓削大橋

弓削島と因島の間、狭い弓削瀬戸を北上する。小雨がぱらついたがすぐ止んだ。静かな航海だ。
加島の南には’白石’という小さな岩礁が見える。
14658531993016.jpg

百島(ももしま)と加島の間を抜けて東に変針すると、目の前に目的港のベラビスタマリーナが見えてきた。
ここは以前は「境ガ浜マリーナ」といってたようであるが、Bella Vista Spa & Marina の所有となり名前を変えたようだ。

常石造船所の左手、山の中腹にホテルの建物が見える。ベラビスタマリーナはホテルの真下付近にある。
境ガ浜

ベラビスタマリーナの桟橋に到着した Wild Goose
14658534139620.jpg

マリーナのレストランで遅めの昼食を取る。ここのじゃこパスタは絶品(ただし少々お高い!)
14658533787839.jpg

2016年6月 瀬戸内クルージング

(Day 1)
6月7日(火) 雨

梅雨入りしたけれど、今年2度目の瀬戸内海クルーズにやってきた。
季節通り、夜半すぎから降り始めた雨は、明け方になっても止む気配はない。
本日の出航は中止して、船内でゆっくりダラダラ過ごすことにした。
夕方ようやく雨が上がったので、マリーナで自転車を借り近くの銭湯に行く。

(Day 2)
6月8日(水) 曇り後晴れ
仁尾~仙酔島~弓削島 31nm、 5.4時間

本日のルート GPS Track
14658535092361.jpg

08:00 仁尾マリーナ出航、北の風4~5m
我が家のセーリングには丁度良い風だが、北風なので少々寒い。

三崎の紫雲出山(しうんでさん)山頂には雲がかかっていた。
14658526263620.jpg

11時前、備後灘を越え対岸の仙酔島に近づく。
14658527446391.jpg

さらに近づくと、仙酔島(右)と鞆の浦(左)の間に小さな弁天島が見えてきた。
14658527965330.jpg

今日は何とか仙酔島の桟橋に船を着けて、島内と鞆の浦の観光しようと計画していた。
ところが、やはり仙酔島の桟橋は満席で船をつける余裕は無い。どうしようもない諦めて弓削島に向かうことにした。

弁天島(左)と鞆の浦(右)
14658528754621.jpg

仙酔島から弓削港までは約2時間ほどの航海、13:30に弓削港に到着
ビジター桟橋にはオーストラリアから来たヨット(左)と三重県五ケ所湾から来たヨット(中央)が停泊していた。
14658529567222.jpg

桟橋に船を着けようとした時、外人の男性が飛んできてもやいを取ってくれた。ちょっと話したところによれば(カミさんが)、彼はニュージーランド人で、現在は弓削島に住んでおり、自分のヨット(カタマラン)は島影に泊めてあるとのこと。
桟橋に泊まっているオーストラリア艇のご夫妻を案内している途中のようであった。

ともかくお腹が空いていたので、近くの食事処で遅めの昼食を取る。ここのランチ定食美味しかった。(地野菜と小鯛の煮付)
14658529786723.jpg

プロフィール

Captain KOTARO

Author:Captain KOTARO
and ’Wild Goose’

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR