FC2ブログ

石垣島 その3

3月27日(水) 晴れ

レンタカーで石垣島を一周する。
まず最初に向かったのはパンナ岳(標高230m)、そこにある「エメラルドの海を見る展望台」
確かに石垣島南西のエメラルドの海と、そこに点在する八重山諸島が一望できる。
DSC_0262-2201x1238.jpg

次に向かったのは、石垣島北西端にある御神崎(おがんさき)
夕日の名勝らしいが今回訪れたのは午前10時ごろなので、夕日は見られない。
DSC_0271-2201x1238.jpg

この岬の断崖絶壁の上に、高さ17mの御神崎灯台が立っている。「夕日とテッポウユリ、そして白亜の灯台」がうたい文句のようだ。
御神崎は「おがんさき」、または「うがんざき」と読むようだ。
DSC_0273-1238x2201.jpg

次は石垣島観光の定番、「川平湾(かびらわん)」に向かう。
DSC_0294-2201x1238.jpg

グラスボートに乗船して、海底のサンゴや小魚を鑑賞する。
DSC_0299-2201x1238.jpg

昼食はガイドブックでお薦めの、島北部にある新垣食堂の「牛そば」を食す。
しかし小生は、この牛そばより普通の八重山そばの方が美味しいように思う。
DSC_0304-2201x1238.jpg

昼食後、石垣島最北端の平久保崎に向かう。
岬の先端に達するには、曲がりくねったかなり細い道を通ることになる。
しかし、この岬からの眺めはとても素晴らしい!
DSC_0306-2201x1238.jpg

平久保崎灯台、右手の海は太平洋、左手は東シナ海ということになるようだ。しかし、その境界線はよく分からない?
DSC_0307-2201x1238.jpg


平久保崎から南下して途中、島の東側にある「玉取崎展望台」に立ち寄る。
ここから眺める太平洋の海の色もとてもきれいだ。(石垣島の海はどこも美しい)
DSC_0322-2201x1238.jpg

夕方、ホテルの庭園で開催された催し物を鑑賞する。
「ウィングキッズリーダーズ」という小・中・高校生で構成された演劇集団の踊りで、すぐ目の前で見る踊りは、とても迫力があり感動した。観客の拍手鳴りやまず、アンコールの踊りも披露された。
DSC_0342-2201x1238.jpg

動画:「ウイングキッズリーダーズ」 
若者の素晴らしい踊りが見られます。


3月28日(木)

最終日、帰りの便は石垣空港 12:35発なので、観光する余裕はほとんど無い。
ホテル最上階からの眺めと、庭園を散策してサヨナラすることにした。

ホテルの庭園にある教会、今日も結婚式があるようだ。
DSC_0347-2201x1238.jpg

庭から眺めたホテル全景
DSC_0348-2201x1238.jpg

部屋から眺めた風景、中庭にはプール、教会、催し物会場があり、そのむこうにナカサトビーチが見える。
DSC_0354-2201x1238.jpg


石垣空港風景
DSC_0357-2201x1238.jpg

この項、これにて終了

石垣島 その2

3月26日(火) 晴れ

朝の「マエサトビーチ」の眺めは素晴らしい!
DSC_0156-2201x1238.jpg

今日は天気も良いので竹富島を観光することにした。
竹富島は石垣島のすぐ近く、高速艇で10分の距離にある。

DSC_0159-2201x1238.jpg

竹富港到着後、送迎バスに乗って「新田観光」へ、ここから水牛車に乗ってのんびりと30分ほどの観光を楽んだ。
DSC_0167-2201x1238.jpg

水牛車の様子、御者のおじさんの案内を聞きながら、約30分間の島内観光に出発
この水牛車は大したもので、すべて自動運転だ!
進むべき道順や、止まるべき場所は水牛自身が判断している。御者は説明が終わると「はい、終わったよ」と声を掛けると、水牛はまたゆっくり動き始める。狭い曲がり角でも、車の内輪差もわかっているように大回りして進む。
DSC_0172-2201x1238.jpg

島の典型的な住居
DSC_0178-2201x1238.jpg

一回りして戻って、「ギュウ太」(水牛の名前)と記念撮影
DSC_0184-2201x1238.jpg


その後、自転車を借りて島巡りに出かける。竹富島は周囲9Kmほどで平坦なので、島内の観光は自転車がちょうどよい。
島の西にある「西桟橋」、海の色がとてもきれいだ。遠くに見える島は石垣島の西端
DSC_0200-2201x1238.jpg

「コンドイビーチ」も白い砂浜と海の色が美しい
DSC_0205-2201x1238.jpg

島内を散策していると、時々水牛車と出会う。
DSC_0225-2201x1238.jpg

ちょっとした高台から眺めた島の風景、住居の屋根は赤レンガ造りしか認められていないそうだ。
DSC_0230-2201x1238.jpg

竹富島から石垣港に戻り、離島ターミナルにある「具志堅用高モニュメント」にご挨拶した。
DSC_0234-2201x1238.jpg

夕食は石垣港近くの寿司・海鮮料理の「どてっぺん」へ出かける。
南の島のお刺身は、小生はあまり得意ではないが美味しいという人も大勢いる。
DSC_0242-2201x1238.jpg

そして、「ジーマーミ豆腐」と「海ブドウ」は泡盛にとても良く合う。
DSC_0244-2201x1238.jpg

石垣島 その1

急に思い立って、石垣島に旅行することにした。
(今回は、ヨットではなく空路)
3月下旬は飛行機もホテルも混んでいるので、今から予約は難しいかなと思ったが、何とか空きが見つかり3泊4石垣島旅行が実現した。

3月25日(月) 晴れ

石垣島行き第一便 ANA 089 は羽田発06:15、早朝の出発なので慌ただしい。
空から見る富士山は、数日前の降雪で化粧直しをしていて美しい。
DSC_0108-2201x1238.jpg

石垣島空港でレンタカーを借り、市内観光に出発
初めに向かったのは「石垣島鍾乳洞」、いきなり怪しげなおやじなガイドが現れたが無視
DSC_0120-2201x1238.jpg

20万年の時を時をかけて作り出されたという「石垣島鍾乳洞」を見学
見学コースは約700m、所要時間は約30分間ほど(JAFの10%割引あり)
DSC_0127-2201x1238.jpg

昼食はガイドブック推薦のそば屋「来夏世」に向かう。 
昼食時で大変混んでいて、駐車場待ち15分、席待ち20分でようやく蕎麦にありつけた。
DSC_0129-2201x1238.jpg

八重山蕎麦中盛 500円、人気の理由も理解できる。とても美味くスープまで飲み干す。
DSC_0128-1238x2201 1

14時、予約した ANA Intercontinental Hotel に到着
予約した部屋は3階の予定であったが、ホテルスタッフから、
「本日は、たまたま最上階11階が空いています、特別お値打ちにてご利用できますが如何でしょうか?」
との勧誘を受け、すんなり陥落した。(1泊3K円の追加出費だ!)
確かに、部屋からのビーチの眺望は素晴らしい。
DSC_0134-2201x1238.jpg

ホテルの夕食はとても expensiveなので、夕食はガイドブック調べた「虎壱精肉店」を予約した。
大正解、この店の焼肉はとても美味しかった。
DSC_0137-2201x1238.jpg

ロースも美味しかった
DSC_0144-2201x1238.jpg

しこたま飲んで帰ったホテルの夜景 (帰路の運転は飲まないカミさんです。)
DSC_0145-2201x1238.jpg



プロフィール

Captain KOTARO

Author:Captain KOTARO
and ’Wild Goose’

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR