FC2ブログ

2016年5月 しまなみ海道クルージング

5月8日(金) 晴れ

本日から1週間ほど、しまなみ海道をクルーズしようと計画し、仁尾までやってきた。
仁尾には船のメインテナンス等で今年2度程訪れてはいるが、クルージングするのは昨年11月以来半年ぶりだ。

本日は仁尾から尾道まで、27NM、4.5時間のクルーズとなった。

本日のルートのGPS Trackの部分 (途中で何故かLOGが途切れてしまった)
GPS Track 0508


仁尾マリーナから備後灘を横切り、針路290°尾道に向かう。
北の風4m、スターボードタック、ビームリーチで快適に走る、ただし北風で肌寒い。
備後灘を横切り横島の西端を目指す。

(写真)備後灘の中央で航路を西進する妙な形をした大型船に出会った。
14627624632892.jpg

{写真)前方の小島は横島の西にある当木島(あてぎじま)、右手は横島で、その間を通過するところ
14627625175093.jpg

(写真)当木島
14627625440034.jpg

(写真)横島(左手)と当木島(右手)の間を通過し、後ろを振り返ってワンショット、二つの島の間に見えるのは百貫島
14627625709765.jpg

戸崎瀬戸を通過すると、尾道水道の入口に尾道造船所が見える。
14627626638767.jpg

尾道水道に入るため針路を北から西方向に90°変針すると、尾道大橋が見えてくる。
14627627349408.jpg

尾道大橋(手前)と新尾道大橋(奥)が並んで架かっており、その下を通過する。
14627627878639.jpg

無事「おのみち海の駅」桟橋に到着したWild Goose、(G/W連休明けなので空いている。)
14627628257300.jpg

この桟橋は尾道水道に接しているため、潮流が結構流れ込んでくる。
風の影響だけを考えて着岸しようとしたら、潮流に流されてあやうく船を桟橋にこするところだった。
近くにボートを留めていた、境ガ浜マリーナのお兄さんが飛んできて助けてくれた。お兄さんどうも有難う!

コメント

Secret

しまなみ海道

半年振りのクルージング、「飛んできて助ける」どんなこと?無事のお帰りを。Junpei

No title

「助ける」とは、通常は桟橋から’もやい’を取ってもらうことです。船体が桟橋にこすりそうになった時などは、船を押し戻してもらう場合もあります。
(Junpei様、返信遅くなり失礼しました。)
プロフィール

Captain KOTARO

Author:Captain KOTARO
and ’Wild Goose’

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR