FC2ブログ

五島列島トピックス

五島列島は南から福江島、久賀島、奈留島(なるしま)、若松島、中通島(なかどおりしま)の五つの大きな島を中心に、約140の島からなり、西海国立公園に指定されている。このうち奈留島より南は「下五島」、若松島より北は「上五島」と呼ばれている。北の宇久島北端から福江島南端までの距離はおよそ100Kmである。

img2018052415112856.png

今回タイトルを「初夏の五島列島クルーズ」としたが、5月は一般的な感覚では初夏というより晩春というべきかもしれない。歳時記では立夏(5/5)が過ぎれば夏なので、初夏としたのだが、

今回の五島列島クルーズは4泊5日で、中通島、若松島、奈留島の三島を巡った。
Day 1:長崎~中通島 奈良尾(ならお)  39.6マイル、6.7 Hr
Day 2:奈良尾~奈留島 奈留港 11.3マイル、2.4 Hr
Day 3:奈留港~若松島土井ノ浦~神部港~若松港14.6マイル、3.0 Hr
Day 4:若松港(雨天により滞在)
Day 5:若松港~長崎 45.3マイル、7.3 Hr

五島列島での航行ルート(GPS Track)
Screenshot_20180517-094210.png


(奈留港への入港ルート)
奈留港へは奈留島南端の岬、奈留神鼻と前島の間の狭い海峡を抜け北上し、さらにその入り江の奥にある港を目指すことになる。岬と前島の間は狭いが航行に支障はない。ただし旅客船も航行しているので、ここは旅客船の居ない時間に通過したい。
Screenshot_20180521-115639.png

奈良尾から奈留港へ向かう途中、「ジェットフォイルぺがさす」が高速で椛島(かばしま)の前を通過していった。福江から奈留港を経由して長崎に向かう高速旅客船で、巡航速度は80Km、こちらの7-8倍のスピードが出る。


(土井ノ浦港、若松港への入港ルート)
若松島の土井ノ浦港へ立ち寄り、その後若松瀬戸を北上して神部港(こうべこう)を眺めて、さらに北の若松港へ入港した。
若松港からの帰りは若松瀬戸の東側のルートを南下した。
Screenshot_20180521-120056.png

神部港へ入港したが、ここには着けられる桟橋はない。港近くの「えび屋」の食事は美味しいと評判らしいが、予約しないと難しいようだ。低潮時で岸壁が高いので、着岸は諦めて若松港へ向かうことにした。
神部港の「えび屋」
DSC_0224-2752x1548.jpg

若松大橋は橋桁下高さ26mで通過に問題はないが、橋脚近くは橋桁が低くなっているので注意が必要だ。
DSC_0227_crop_612x335.jpg

若松港には30m程のポンツーンが四つ連なって大きな桟橋を形成している。桟橋の南側にはフェリーが発着する。北側の前(西)三つはビジターが泊めても良いようだ。ただし、旅客船が四つ目に係留することがあるので、三つ目のポンツーンに泊める場合は前方に泊めなければならない。(Wild Gooseは真ん中に泊めていて、その後前方に移動することになった。)
DSC_0240-2752x1548.jpg

若松瀬戸の中央には、北から下中島、野島、カズラ島が連なっている。旅客船は下中島と野島の東を通り、カズラ島では反対の西を通過するようである。


コメント

Secret

プロフィール

Captain KOTARO

Author:Captain KOTARO
and ’Wild Goose’

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR