FC2ブログ

2018年夏 長崎橘湾クルーズ

7月15日(日) 晴れ

今回、5日間の予定で出航した橘湾クルーズも、昨日3日間で帰って来てしまったので本日の予定はブランク。
そこでマリーナ近辺をセーリングして出島ハーバーに向かうことにした。
カミさん相手のセーリングレッスンは、風が1-2mと弱くタッキングも上手く出来ないので、早々に切り上げて出島に向かう。

長崎港入口の岬に建つ、「カトリック神ノ島教会」と「岬のマリア像」、神ノ島は埋め立てにより今は陸続きであるが、かっては離れ島だったらしい。「岬のマリア像」の高さは4.7mとのことである。
DSC_0437-2752x1548.jpg

今日の長崎港入港はいつもと違うルートで、高鉾島の西を通り「女神大橋」の下を通ることにした。
このルートでは、女神大橋の下で港への入出港航路を横切ることになり、通過する大型船や高速観光船には十分注意しなければならない。実際、対向船が出てきたので一旦引き返すはめになった。
DSC_0439-2752x1548.jpg

長崎港風景、左手の三菱造船所には修理中のイージス艦が見える。随分以前から修理中のようだが、日本の防衛は大丈夫か?以前とは別の船かな?
DSC_0440-2752x1548.jpg

長崎港国際ターミナルには今日も大型クルーズ船が停泊していた。
この船の船名は NORWEGIAN JOY 、16万7千トン、乗客定員3,883人、2017年建造の中国人ゲスト向けのクルーズ船で上海を母港としている。 このような船が着くと、いきなり巨大なビルが建ったようで、船の停泊中長崎の街は首にタグをぶら下げた中国人であふれることになる。(このような船の停泊時間は半日間程と意外なほど短い)
DSC_0442-2752x1548.jpg

長崎港に停泊中の観光クルーズ船「新・観光丸」、左手は出島ハーバー
DSC_0445-2752x1548.jpg

出島ハーバーに係留した Wild Goose
このハーバーは長崎サンセットマリーナ(NSM)と同一系列なので、NSMと艇置契約している船は無料で係留できる。長崎観光には最適の環境なので利用価値が高い。本日は当ハーバーは大繁盛で、我々と前後して3艇のヨットが接岸した。
DSC_0446-2752x1548.jpg

夕暮れの新地中華街、後方は稲佐山
さてさて今夜も長崎の夜を楽しむとしようか?(カミさん一緒です!)
DSC_0449-2752x1548.jpg


コメント

Secret

プロフィール

Captain KOTARO

Author:Captain KOTARO
and ’Wild Goose’

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR